{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
  1. HOME
  2. 村の鍛冶屋本店
  3. 園芸用具・工具
  4. 鉈・斧
  5. 日野浦刃物工房 味方屋作 鞘鉈150mm 片刃/両刃 【頑張って送料無料!】
  1. HOME
  2. 村の鍛冶屋本店
  3. 日野浦刃物工房 味方屋作 鞘鉈150mm 片刃/両刃 【頑張って送料無料!】
味方屋作鞘鉈150mm
味方屋作鞘鉈150mm
【頑張って送料無料!】日野浦刃物工房味方屋作鞘鉈150mm

日野浦刃物工房 味方屋作 鞘鉈150mm 片刃/両刃 【頑張って送料無料!】

商品番号 asy150
税込価格 ¥ 12,595 本体価格 ¥ 11,450 消費税 ¥ 1,145
[ 115 ポイント進呈 ]
送料込
片刃/両刃
  • 片刃 在庫切れ
  • 両刃 在庫切れ
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。
味方屋作 鞘鉈150mm 三条 鉈鍛冶職人 『 味方屋作 』 伝統手法による 『鋼付け』 (はがねつけ)   『鋼付け』・・・包丁のもとになる地金と鋼を、一本の棒から叩いて組み合わせる手法です。 新潟県三条市は昔から鍛冶の町で有名です。 昔は刃物作りに欠かせなかった手法 『鋼付け』 ですが、近年の大量生産ではあらかじめ、プレスで鋼を鉄に組み合わせた材料 『複合材』 が主流となっております。 この 『鋼付け』 にこだわった手法で刃物を作っておられる鍛冶職人は、三条でも片手の指で数えられるくらいになってしまいました。 この『味方屋』の鍛冶職人は、あの和装ナイフ 『司作』 で有名の、日野浦司氏が手がけた鉈です。 『複合材』では自分で温度管理が出来ないと、 『鋼付け』 にこだわって作られた鉈です。 この包丁は、その 『鋼付け』 にこだわって作った鉈で、一本一本丁寧に叩き上げた刃物ですので、今の主流となっている刃物とはまったく異なり、また切れ味がまったく違います! 鋼を叩くことによって、強さが出て粘りが増し、 『複合材』 では出来ない鉈が完成します。 総火造りですので、一本ずつ重さや形が微妙に違いますが、手作り刃物の良さが際立ってます。 手入れが良いと一生使える鉈です。 詳 細 刃渡り : 150mm 鞘付

日野浦刃物工房 味方屋作 鞘鉈150mm 片刃/両刃 【頑張って送料無料!】

日野浦 司  1956年 新潟県三条市生まれ
三条鍛冶集団所属  鍛冶歴25年

高校卒業後、商社に4年勤務。
22歳の時、家業である鉈鍛冶を継ぐ三代目。

先代から継承されている鉈 『味方屋作』 だけに納まらなく、新たな分野の和式ナイフ『司作』 に日々努力している。

【総火造りによるこだわり】
日本古来の伝統的技術である鋼付けをした刃物を、1本1本鍛えることによって、より良い刃物を造ることにこだわっている。
規格品と違い、大量生産出来ないところに価値があり、小ロット・多品種にこだわり、型がなくても造れるところ。
人の手によって仕上げられると、内容の良し悪しがわからない為、常に自分で納得の行く商品を手がけている。

【メッセージ】
使う方の立場に立ったもの造りから、鋼付けからの一貫とした手作りにこだわっています。
だから納得した商品ではないと気がすまないので、商品ができるまで時間が掛かります。
ぜひ、火造りによる刃物の素晴らしさを味わい、使ってみて下さい。


ご購入はこちら!

カートに入れる
ボタンへ移動
ページトップへ